スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

The Idol of the Rings 第七話


できましたぞー。

かの人物の顔グラは結局、イメージ検索かけまくってそれっぽい絵を探しました。前回のエントリで提案してくださった方、ありがとうございます。本当は別人物の絵のようなのですが、気にしてはいけませんぞ。

解説とかはまた後ほど。


亜美真美を動かすのは難しいって本当だったんですね、ガンダルフ!

なんてことはさておき、シンダール語のお話。せっかく参考書を買ったのだからと、エルフ同士の会話を訳してみました。思った以上に高く評価していただきましたし、何より私自身がやたら楽しかったので今後もちょくちょくやってみようと思います。

ただ、シンダール語は細々としたルールが非常に多いです。冠詞や前置詞がつくだけで単語の一部が変化したりします。ですから、ミスは確実にあります。あくまで雰囲気作り程度だと考えてください。

参考書が英語であること、シンダール語の文法は(当然ですが)日本語より英語に近いことから、まず日本語で書いたセリフを英語を経由してシンダール語にしています。と言っても、かなり簡単な文ですけども。

一番困ったのは、現存するシンダール語の語彙の乏しさでした。参考資料にもあるシンダール語辞書をながめてみると分かりますが、かなり日常的な単語も見当たらなかったりします。

動画に解説入れ忘れましたがガルドールの最後のセリフ、learnもstudyもなかったので"raise our knowledge"なんて回りくどい(そして普通は使わない)表現にしています。ガチの人だと、存在しない単語を語根から再構築したりするようですが、私には無理無理。


さて、IOTR導入もようやく残り一話。ガリガリ行きますぞ。
スポンサーサイト
 

comment

No title

拝見いたしましたぞ。キーアダン爺(c)違和感なさげですねw
最初のアイドル分布図いいですねー。こんな風にアイドルが全国に散らばっているお陰で導入部を見るだけで指輪初めての人でも中つ国各地の様子を一巡り知ることができる。なんてナイスな導入部。もちろん元々の指輪ファンにも毎話見知った景色が次々にwkwkする感覚はすてきなボーナス。

そして亜美真美ですよ。開幕から心配させやがって…泣くわw
ある二次創作の影響で1stP双子だったもんで思い入れがあります。P中、時折見せる深い心細さに愛さずにはいられませんでした。常に二人であるが故の、と言いましょうか。
今回の亜美真美もいきなりねww 亜美真美に差す不幸の陰はもう無条件で涙を誘うので勘弁してくださいw いいえ勘弁しなくていいですw
しかし二人の会話の小ネタの年季の入り様はw 後藤隊長の台詞とかコメで指摘されるまでわからんかったw どうぞこのまま続けてくださいw

そしてついにエルフ語来ましたね。一巡の会話丸々エルフ語とはやりますな。しかもただ披露するのでなくまさに歌に絡めてとは。何と粋な演出。
ホントいい仕事です!

No title

いつもご覧くださり、ありがとうございます。アイドル分布図はもう少しやっとくべきだったかな、と少し思います。私は三国志ものの架空戦記を見ても地名と場所がさっぱり一致しないので、指輪を知らずにIOTR見ている人も同じなのだろうなーとw。

亜美真美Pの方だったのですか! 実は私、P未経験のアイドルが少なくないので、彼女らをうまく動かせてるのかけっこう心配だったりします。今回は指輪側も原作にあまり出ない人ばかりだったので、これでいいのかかなり悩みましたw。どちらも何とかなったようで一安心です。

話の展開や小ネタなどは、おっしゃるとおり今後も自重しない方向でやってみますw。ちなみに私、あの後藤隊長のセリフは日常的に友人と使っているとか何とか。

エルフ語は最初は一言か二言のつもりだったのですが、始めたら止まらなくなったというか、脳汁があふれたというか。せっかくなので、こちらも今後はガンガン行きますよー。

感想ありがとうございました。今後ともIOTRをよろしくお願いいたします。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

 
 
プロフィール

いとしいさかな

Author:いとしいさかな
twitter:http://twitter.com/pfishp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。