スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

The Idol of the Rings 第十九話と支援イラスト

気がついたら、昨年末に前話をあげた時にこちら更新していませんでした。前編後編、まとめて貼ります。









そして、私がサボっている間に支援イラストをいただいてしまいました。それも二枚! アイドルの現地風の衣装も見事ですし、背景の指輪っぽさも素晴らしいです。これほどの支援、なんとしても答えなくては。
スポンサーサイト
 

comment

すてきなIOTR

お久しぶりです。

いや相変わらずというか、これは旅が始まってからですかね、途中で目にする遺跡の風景や語られる伝説が指輪世界の気の遠くなるような世界の広がりや時間の流れを感じさせてくれて、実によい気分にさせてくれます。
アイドルたちと行く中つ国ツアーさながらに馳夫さんが長い歴史を語ってくれるのは、原作を精密になぞる制限がないからできる芸当ですな。
そして画像付きなのが大きい。偉大な建造物の遺跡を目にして聞く解説の強烈さはやはり文字だけでは果たせないもの。今回の風見が丘の場面は早くも映画でアルゴナスの場面を見た時のような感覚に襲われました。

そして支援絵。
これはすばらしいものです…雰囲気ばっちりの衣裳もさることながら、アイドルたちの表情が、目が最高です。
やよいの素朴なおすまし顔、伊織の自信に満ちた笑顔、それぞれが画家の前でらしさを最高に表した肖像でしょう。
一方で、あずささんと千早の、おそらく第13話の頃を描いた絵でしょうけれども、この不意の瞬間の表情。IOTRの物語にPは出てこないけれど、もしPたる自分が指輪世界に入って、(人間基準で)そこそこ長い時間を経て、この世界にこれほど馴染んだ感じの二人を見つけ、呼びかけた時、こんな顔をされたら、なんてのが想像されてきて、もうね。
なんとよき絵を描きなさるのだろう!

ついでにTwitterの方のネタですが(Twitterの仕組みをよく理解してないので的外れなことを言っていたらゴメンナサイ)。
自分は日本語を外語のアルファベットに転写する時は小細工の効いた「ヘボン式」(例えばTA、CHI、TSU、TE、TO)ではなく五十音表を行と段の例外無しにそのまま(例えばTA、TI、TU、TE、TOと)書きます(ほぼ「日本式」というやつです)。
ラテン語の場合はついでに再現可能な日本語の最古形を目指し、一度旧仮名遣いにして、さらにハ行子音はPにします。つまり千早は「TIPAJA」、あずさは「ADUSA」と書くわけです。古代言語に写すなら日本語も古代の形がいいじゃない、という考えですw
まあこれは個人的なお遊びなのでして、本題。
IOTRのように現代人のアイドルたちが異時代・異世界に飛ばされた場合には現地の人が彼女らの発音をどう捉えるかの方が問題になるかと思いますが、それで譬え現地の綴りと発音の規則とはズレていても「日本から来たアイドルの名の場合はこう書いてもこう読む」というルールを現地の人に受け入れさせてしまえばよいのです(実際、例えば、元首相の安倍さんは異人(日本人)名だから現地(英語)の規則には従う必要がなく、「Abe」と書いても「エイブ」ではなく「アベ」と呼ばれるのが可能だったわけです)。
そのルールで最も簡単なのが日本語の音の枢軸(日本語の動詞や形容詞の活用もこれの行と段で規定されるわけですから)である五十音表のガチであります。そしてテングワールで「TIHAYA」「RITUKO」などと綴ってしまっていいと思います。
と、長々と語ってしまいましたが、言語オタの一意見でございまする。もっとも、転写法の選択に唯一絶対の正解というのは無いので、気楽にお考えくださいw

ではまたー。

No title

いつもながら視聴と感想、ありがとうございます。遺跡や歴史の話は、あまり長くならないようにしようと思いつつ、やはり入れてしまう部分です。画像については、LotROスタッフのこだわりに感服することしきり。その高い再現度に、素材面で非常に助かっています(いや、食われる時間が多すぎますがorz)。

>イラスト
おっしゃる通り、実際に彼女たちはこういう表情をしているんだろうなあ、と思わせてくれますよね。先ほど、やよいおりの設定ラフが投稿されていました。こちらも素晴らしいものです!

>転写
なるほど、元より言語がまったく違うのだからルールを相手に受け入れてもらえばよく、そして、そのルールは簡単な方がいいと。たしかに、そもそもあちらの言語にない音ですから、厳密な転写は不可能ですものね。いつもながら勉強になります。さすがはてんやく殿!

今後とも、拙作をよろしくお願いします。時に、てんやく殿もTwitterいかがでしょうかw

しんどいシンダール

どもども。

> 食われる時間が多すぎます
そういうものだと解ってますので気長に待てますw

> やよいおりの設定ラフ
拝見しました。すばらしいですのう…。余白に書き込まれた小話も幸せな雰囲気で最高です。

> Twitterいかが
ちょっと3月まで生活が落ち着かないのでそれ以降に考えてみますw その時はよろしくですw

> 転写
上では五十音表ガチを強くプッシュしたのですが、実際の音とはかけ離れていることには違いない(上に、日本語の古来の五十音しか書き表せない:例えば「ティー」のような日常的な外来語にも一切対応できないためあまりにも不便な)ので、指輪世界の人たちが日本語の音を音として書き表す場合にどうなるか、日本語の音声学的な理解も混ぜ込んでテングワールを書いてみました。
本当はテングワールには便利な補助記号群があることを今朝通勤電車の中ではっと思い出して、どれがどうなるだろうと説明しようかと思ったのですがそれも大変そうなので実際に書いてお見せすることにしたのですw 現在使用中のPCにはテングワールフォントが入ってないのでドット絵です、小さいので適当に拡大してご覧くださいorz
ロダの「imas62323.png」です(ごめんなさい一箇所修正したので上げ直し)。
アイドルたち名前、上から天海春香、水瀬伊織、高槻やよい、如月千早、三浦あずさ、星井美希、菊地真、音無小鳥、双海亜美、双海真美、秋月律子、萩原雪歩、と、IOTRのOPでの表示順と同じにしてあります。

要点をちょっとだけ説明しますと、テングワールには「s付加」(t→ts:例タ→ツァ)を表す「下付き鉤」記号や、「硬口蓋化」(k→ky:例カ→キャ、日本語的には「開拗音化」)を表す「下付き点々」記号などの補助記号がありましたので、これを使ってやろうという話でございます。
日本語のシャ行とチャ行は元々サ行とタ行なのにヘボン式だと「sh」になったり「ch」になったりと不規則に変化してくれますが、音声学的にはそれぞれサ行とツァ行(タ行は以下のようにバラして再構成しています…タ行:タ・ティ・トゥ・テ・ト、チャ行:チャ・チ・チュ・チェ・チョ、ツァ行:ツァ・ツィ・ツ・ツェ・ツォ)が硬口蓋化しただけのものなので、テングワールでも「sy」と「tsy」でいけると思われます。
春香さんとかは普通ですが、高槻は「t.ak.ats.uk.i」、千早は「tsy.ih.ay.a」、音無は「ot.on.asy.i」、秋月は「ak.ids.uk.i」などと、「シ」は「sy.i」、「チ」は「tsy.i」、「ツ」は「ts.u」、「ヅ」は「ds.u」として書いてあります。特に「チ」の子音は「t」に「s」を加え「y」を加えての「tsy」と補助記号をダブルで使ってて見た目ごっちゃりですねw

以上です。
いやーシンダール語と仰っていたのでシンダリン・モードで書いたのですが書きにくいことこの上ないですな、日本語の音節構造とは真逆すぎるw あとテングワール書くの久々過ぎて基本的な文字の選び方を間違ってるんじゃないかとかちと不安w

ではではー。
あ、ちなみに自分は「たば」先生と呼んでますw

No title

これはなんと素晴らしい……意外と、様々な音を表す方法というのはあるものなのですね。先日、エルフ語の本をまた購入したので、それを片手に解読してみます。せめてアルファベットの転写ぐらいはさらさら書けるようになりたい。いや私は、硬口蓋化とは何かから調べないといけないレベルなのですがw

と言うわけで、新しくエントリを立てて紹介させていただきました。ありがとうございました!

No title

こんにちは。

ご紹介に与り真に光栄にございます(ふかぶかと)。
大好きな作品の支援とあらば力を尽くすのみにござりまするよ。

さて、やっぱりミスがあったーorz というわけで名前の改訂版お持ちしました。お手数ですが差し替えをお願いいたしたく。
ロダの「imas62855.png」です。
修正点:
1.テングワール表には23番と35番の二つのyがありますが前回ヤ行子音に使った35番は母音としてのyだそうなので23番の子音としてのyに差し替え。
2.ハギワラがハギヤラになってたのを修正(ゆきぽごめぽ)。
3.一部でドットの収まり具合のために子音記号の下に付けていた母音記号を、どんな場合でも│/│/│/の順で読めるようにすべて子音記号の上位置に統一(上下どちらに付けてもいいことになっていると雖もやはり気持ち悪い)。

ではではー。

No title

コメントに気づくのが遅れました、申し訳ありません。
一週間とかもうねorz

修正、了解しました。
画像は、修正について言及した上で差し替えてアップしておきますね。
私にはまだやっぱりよく分かりませんががが。

今さらながら、シンダール語の勉強を始めてみました。
どこから手をつけたものかという感じですが、
テングワールもある程度、自在に書けるのを目指したいところ。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

 
 
プロフィール

いとしいさかな

Author:いとしいさかな
twitter:http://twitter.com/pfishp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。